タチウオ

【船釣り編】タチウオのジギングに必要な道具と釣り方解説

タチウオ

この記事では、船釣りで「タチウオ」をジギングで釣るために必要な道具釣り方について解説します。

*こちらの記事も参考にしてください

関連記事

この記事では、防波堤などの陸からタチウオを釣るためのおすすめ仕掛けを3つ紹介します。 タチウオは、非常に美味な魚であり、また、貪欲に魚を追うフィッシュイーターなため、ゲーム性の高い釣りが出来るので人気のターゲットです。 そのため[…]

タチウオ仕掛け

*この記事を書いたTS氏

  • タチウオ歴10年ほど
  • 主戦場=瀬戸内海広域(特に広島で良く行きました)
TS氏
タチウオは、陸からでも船でも、群れさえいれば簡単に釣れる回遊魚です。淡白な白身の魚で、美味しく頂けるのはもちろん、引きもなかなか強烈な魚なのでゲーム性も高い釣りが楽しめます。




船釣りならタチウオは簡単に釣れる!

タチウオの姿

タチウオは、獰猛なフィッシュイーターとして知られ、小魚を果敢に追ってくる習性があるので、ルアー(今回はジグメイン)でも簡単に釣ることが出来ます。

もちろん、キビナゴなどのエサを使えば、より簡単に確実に釣ることが出来ますが、船釣りにおいては手返しの良さから「ジギング」で狙う方が効率が良いです。

タチウオジギングで狙うためのタックルを紹介しますので、ご参考になれば幸いです。

タチウオをジギング釣るための道具

ロッド

まず、スピニングベイトかですが、これはどちらでも良いです。

ただし、圧倒的にベイトのほうが使用率が高くタチウオ専門ロッドもほとんどがベイト用ロッドですので、その前提で話を進めていきます。

  • 長さ=6~7Ftが多い
  • 重さ=水深にもよるが60g~180g程度に耐えられるもの
  • 固さ=個人的には、MLがベスト(これは好み)

このあたりから選ぶと問題なく使用出来ます。

他の記事でも書いていることなのですが、リールよりもロッドに金を掛けた方が良いと個人的には思います。

*使ったことのあるオススメのロッドを3つ紹介します

DAIWAのタチウオシリーズで有名な鏡牙のエントリーモデルです。

80~200gまでカバーしている万能ロッドですので、文句なしにオススメです。

SHIMANOの「サーベルチューン」シリーズの代表モデルがこちらです。

60g~180gまで対応しており、万能ロッドとして有名です。SHIMANO党は是非!

バレーヒルのドラゴンスティックは、タチウオをよくする人の中では非常に人気で、かつシリーズの中で最も私好みのスペックを紹介します。

MAX200gという表記になっており、力強いロッドです。

上記は、タチウオロッドのごくごく一部で、有名なシリーズですが、種類はさらに多くあります。

まずは、万能タイプを使用し、自分の好みに合わせて調整してください。

リール

SHIMANOのカルカッタシリーズと言えば、バスフィッシングでも有名で、釣り好きなら誰もが知っています。

私は、300HG をメインで使っており、他はあまり使ったことが無いです・・・

DAIWAのタチウオと言えば「鏡牙」シリーズ。こちらもオシャレなリールですね。

ライン&リーダー

100m以内でする場合のラインはPEの1号前後が主流です。私は1.2号を巻いています。

釣りをするポイントの水深にもよりますが、最初から深いところですることが分かっているのなら1.5号くらいを巻くことをオススメします。

リーダーはPEに合わせて選択し、ナイロンでもフロロでも使用可能です。(大体20lb~50lbくらい)

ただし、タチウオは歯が鋭く、リーダーを頻繁に傷付けるので、一回ずつ傷んでいないかチェックしましょう

絶対に切られたくない!ジグを失いたくない!という方は、「ワイヤー」を使いましょう。

感度が悪くなり、若干喰いは落ちますが、私は頻繁に使っています。

TS氏
喰いが渋く、自分だけ釣れないような状況であれば即変えますが・・・
ジグ

タチウオジギングに用いるメタルジグは、重さカラーでなるべく種類が被らないように揃えましょう。

重さに関しては、水深に合わせる必要があり、50m~100m程度であれば60g~120g。それ以上は最大200gまでを用います。

TS氏
私は、60g~150gまでしか持っていませんが、それで困ったことは無いです。

カラーは、その時期、そのポイントで釣れているものを選ぶことが最適です。特に、釣り始めは、船頭さんにオススメを聞いた方が良いです。

他の釣りにも言えることですが、釣れはじめたらそのカラーを真似するのも有効です。

初めて購入したジグです。ネットで購入するなら「オルルド釣具」は何でも安いのでオススメです。

こちらも好んで使用する形状のジグです。カーブが無い分、沈むのが早く、手返し良く釣りをすること出来ます

jackallのこのジグは優秀で定番です。

ジグは自分で塗装して作成するのも面白いので、是非チャレンジしてみて下さい。

有れば便利なもの

プライヤー

タチウオは歯が鋭いので、こういった道具が無いとかなり危険です。手返し良く釣りするには必須の道具です。

タチウオジギングの釣り方(3つのポイント)

タチウオの釣り方

指示されたタナを徹底して通す

船釣りでのジギングであれば、船頭さん(自ら操縦される人も含め)が魚群探知機を基にタナを伝えてくれます。

回遊魚を狙うときには、必ずそのタナを意識して底から上まで通しましょう

*指示されたタナの外でも釣れますが、魚がバラけるのでやめましょう。

適切なアクションを

私は基本的にはショートピッチジャークで細かく誘います。恐らく、一般的な釣り師よりもシャクリ幅は大人しい目です。

*エギングなども優しめのシャクリです・・・疲れるので(笑)

これは、タチウオの活性によって適切な度合いが変わってきますので、その時々で対応しなければなりません。

ただ巻きでも釣れるときもあれば、しっかりシャクリを入れないと反応しない時もあります。

意識していることは、糸ふけをあまり作らないように、ラインテンションを保っておくことです。

これによってより細かな当たりを捉えることが出来、釣果に差が付きます

当たりは瞬時にとる

タチウオのエサ釣りでは、「一服してから巻け」というように待ちの釣り方が主流ですが、ジギングの場合は、即合わせでOKです。

この辺りはほかの釣りと変わりませんので、早く反応できるように腕を磨きましょう。

タチウオは、そんなに賢くない(と思う)ので、何度でもアタックしてきますし、スレるということが起こりにくいです。

シーズンに一度は楽しもう

タチウオは、基本年中いけますが、どこの県でも最も釣れるシーズンが一度はあります

しかも、釣れるときは本当に釣れる魚で、実績のある船であればまず失敗しません。

道具は、流用できるものが多いですし、そんなに高価な釣具でなくても十分に通用します。

そもそもタチウオは、そこまでデリケートな魚じゃないので、力技で仕留めという感じで行きましょう。

TS氏
タチウオは、釣って楽しい、食っても美味い。めちゃくちゃオススメです。ただし、結構な血を流す怪我人を見てきたので、歯には十分注意しましょう。




タチウオ
最新情報をチェックしよう!