【船釣り】船酔いしないための予防と対策まとめ

船釣りにおいて最も懸念されるのが「船酔い」です。せっかくの船釣りも酔ってしまえば最悪です。

船酔いを避けるためには、事前の予防と、酔ってしまった時の対策が重要です。

私自身が酷い酔い方をしたのは一度だけですが、これまでたくさんの人と同船し、酔い潰れている姿を目の当たりにしてきました。

この記事を読めば、その船酔いに対する予防対策を知っていただき実践出来るようになります。

船酔いはなぜ起こるのか

乗り物酔いとは、航空機・列車・自動車・船舶など、各種の乗り物が発する揺れなどの加速度によって、体の内耳にある三半規管が刺激されることで起こる身体の諸症状です。

学問的には『動揺病』あるいは『加速度病』と呼ばれるそうです。

乗り物酔いが発生する仕組みは諸説存在しますが、完全には解明されていません。

https://ja.wikipedia.org/ より引用

Wikipediaのには上記のように記載されています。

船酔いよって起こる症状

人によって程度はさまざまですが、まず気分の悪さが起こり、やがて吐き気を催します。

吐き気が長引くことで、頭痛、めまいといった症状が現れることもあり、船の上にいる限りなかなか回復しないのが特徴です。

 
TS氏

船って出航するとなかなか陸にもどれないんよなー・・・得意先の人と乗り合いで行ってゲロゲロになって9時間釣りした時はホンマにキツかったです・・・

今となってはいい思い出ですが、それを機に予防と対策を取るようになりました。それ程に船酔いはキツイです。

ちなみに、STAYの相方は手漕ぎボート開始10分でダウンしていました(笑)




船酔い~予防~ 

船酔いを避けるため、船釣りの前から出来る予防・最中に出来る予防の方法を紹介します。

体調を整える

万全の体調でも酔ってしまうときは酔ってしまいますが、100%で臨むほうが、酔いにくいし、回復も早くなります。

特に気を付けた方が良いポイントは下記三点です。

満腹の食事(特に油物)を避ける

十分な睡眠を取る

アルコールは控えめに

翌日に船釣りを控えている中、暴飲暴食をすることは少ないと思いますが、そういった機会があれば絶対に控えめにしておいた方が良いです。

 
TS氏
私は過去に、超絶二日酔いの中、5m以上の波で9時間出船し、全治3日のダメージを負ったことがあります。

酔い止め薬を事前に服用する

酔い止めの薬を服用するというのも手です。

事後でも効果があるものもありますが、可能であれば事前に服用することが良いでしょう。(30分から1時間前)

トラベルミン・アネロン・ハピコムなどは、ドラッグストアなどでも購入することが出来る第二類医薬品です。

その他、事前に酔いやすいことが分かっているのであれば、医療機関に掛かり、医師による薬剤の処方を検討しましょう。

船尾を陣取る

一般的な形のボート(船)はモーターが後方に付いており、走るときの重心も後ろに片寄ります

ですので、後方にいる方が揺れが小さく、安定しています

*乗り合いでは、船尾が一番人気のポジションとなります。(魚群探知機の位置も人気)

私は、人気のない船首側で悠々とするのが好きですが

前方遠くを見る

出来るだけ遠くを見てリラックスしましょう。後ろを見たらダメです。前を向いて自分が船と一体になり動いているイメージです。

特に酔いやすいのは、仕掛けを作ったり携帯の画面を見ている人です。

仕掛けは出来るだけ事前に陸で作って準備しましょう。

船酔い~対策~

どんなに予防を徹底したとしても酔うときは酔います。

そうなってしまったときに出来る対策をいくつかご紹介します。

冷えたものを飲む

個人的にはコレで大体解決します。

キンキンに冷えたビ○ル(笑)で酔いも吹き飛び、別の酔いに変わります。

冗談はさておき、冷えたものを飲むことで、酔いの原因となる自律神経の乱れを解消することが出来ます。

ちなみに、多少の飲酒は船酔いに有効と言うことも言われますが、真実は定かではありません。

*操縦者は絶対に飲酒禁止です

軽装になる

上記の冷たいものを飲むと似ていますが、軽装になることによって体温調節をしたり圧迫感から解放します。

特に、ライフジャケットはしっかり締めて着用することが多いでしょうし、腹部が過度に締まっている場合も良くあります。

針が刺さってしまう恐れもありますが、出来るだけ軽装のほうが気持ちよく釣りが出来るので、個人的には好きです。

揺れに合わせて自分も動く

もっとも重要だと思う対策がこちらです。

私は、もともと乗り物酔いをする体質でしたが、船に限らず、車や飛行機でもこれを意識することで酔うことがほぼ無くなりました。

船釣りにおいては、自分が船の一部になったつもりになり、次に来る波に合わせて自分も伸びあがります

そんなに強い波でなくても、この「船との一体感」というのは非常に重要です。

船釣りには慣れが必要だと言いますが、おそらくこの一体感を会得した人が「船釣りに慣れた人」なのだと思います。

船釣りにチャレンジする人に是非教えて下さい!!

船釣りは、陸釣りに比べ、数もサイズもより大きなものを期待できますし、虜になってしまう人がたくさんいます。

しかし一方で、初めてであったり、経験が少ない人であれば船酔いを経験することも多く、その悪いイメージで船釣りが嫌いになってしまうこともあります。

そんな場面があればぜひこの記事に書いてある「予防」と「対策」を読み返して実践してみて下さい!!

*こちらの記事も参考にしてください

関連記事

この記事では、船釣りで「タチウオ」をジギングで釣るために必要な道具と釣り方について解説します。 *こちらの記事も参考にしてください [sitecard subtitle=関連記事 url=https://stay1988.inf[…]

タチウオ
関連記事

関西を中心に、磯・筏・一文字の渡船屋情報をまとめました。 料金を一覧比較出来るので、迷ったときにお役立ていただけますと幸いです。 渡船屋 福井 小浜・高浜 [sitecard subtitle=関連記事 url=https:/[…]

釣り船




最新情報をチェックしよう!